ウサギとベジィな気分

ウサギとベジィな気分

お月さまに帰還したチャラ爺ジャック、 地球で頑張るクレア&ジョシュの毎日♪

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

最期まで逞しかったジャック【前篇】

今日は、ジャックの旅立ちまでのお話しをしようと思います。

読んで辛くなる・・という方もいるかもしれませんが、

私の気持ちの整理のため書かせてください。



・・・旅立つ1週間前

だんだんと身体が弱くなっているのが分かりました。

それでも食欲はあって、ケージ内を回ったり動く力はありました。


DSC131109_1.jpg


クレアは 毎日へやんぽ前に必ず立ち寄り、ジャックの様子を気にかけていました。

そして、日課の目やにとりも・・・

私は この微笑ましい光景をずっと見られると思っていました。



・・・旅立つ5日前

左腕に力が入らないのか、うまく動かない様子。


DSC131109_2.jpg


両腕が同じ方向をむいちゃってます。

いつも反時計回りに移動するので、軸となり負荷が大きい左腕。

身体を支えきれなくなってしまったのか、踏ん張って上体を起こすのはゴハンの時だけでした。

今後、寝たきりになるかも・・・と新たな介護のことを真剣に考えていました。


DSC131109_3.jpg


クレアが目やにを取ってくれる時も、目をつむってジッとしています。

まだまだ一緒にいてくれると思っていたのですが・・・

これが、ジャックとクレアの一緒に写っている最後の写真になってしまいました。



・・・旅立つ2日前

いつもとは明らかに様子が違いました。

目に力がなく、ずっとうつろな感じで元気もなかったです。

左腕の可動域が狭くなり、それをかばうように動かしていた右腕も辛そうになってきました。

ジャックの腕はもう限界に達していたのかもしれません。

バランスを崩して後ろに倒れてしまうと起き上がることができないので、

クッションやタオルで囲ってみましたが、余計に動きまわっていました。

ゴハンの時には、腕を支えてあげると力いっぱい踏ん張って食べてくれました。

元気がなさそうでしたが、大好きなペレットだけはゆっくり時間をかけて完食。


(後日、聞いた話ですが) 夜、まーくんがジャックを見ている時、

両腕で踏ん張り上体を起こすと、うつむいて溜息をついてるように、

しばらくじっとしていたそうです。

きっとジャックは、お別れが近づいていることを知っていたんじゃないかな。。

少しでも長く地球にいられるには、どうしたらいいんだろう・・

食べることで、もう少しここに残れるかな・・

などと、ジャックなりに何か考えていたように思えます。

弱りきっていても自ら食べようとしていたので、生きようと必死だったのかもしれません。



旅立つ前日のお話しは長くなってしまうので、【後篇】に続きます。


にほんブログ村 うさぎブログ 老うさぎ・高齢うさぎへ
スポンサーサイト

テーマ : うさぎ    ジャンル : ペット
 
<- 05 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
登場人物

アリリン

Author:アリリン
旦那さん(まーくん)と2うさで暮らしています。

★ジャック
事故で下半身不随となったが逞しく生きました
2013/10/27 月へ帰還
★クレア
女優への夢を語るお嬢様
2011/03/31生まれ
★ジョシュ
お姉ちゃんが大好きなサッカー少年
2012/07/09生まれ

ポチっ!
にほんブログ村 うさぎブログへ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

365カレンダー
開運ウサギ
QRコード
QRコード

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。